セサミンの歴史 | セサミン成分のサプリメントを比較@ごまに秘められたパワーとは?






セサミンの歴史

040627

古くから日本人の食卓で馴染みの深いごま。そのごまの稀少成分が発見されたのは今から約30年近く前、1980年代になります。

セサミンという成分が発見されたのは、最初からごまの研究を行っていたのではなく、別の研究による発見からだったようです。

当時健康に役立つ脂質を探すプロジェクトに参加していたサントリーの研究者達は、いろいろな種類の油を使った研究を重ねていましたが、その中で他の油とは違う検査結果となったごま油に注目した結果、ごま油が他の油に比べて酸化しにくい特性を持っていることがわかりました。


そこで、さらにごま油の酸化しにくい性質について研究を続けていくうちに、稀少成分であるセサミンが見つかったのです。

セサミンを発見したサントリーの研究所は、九州大学の菅野名誉教授と共同研究をすることになり、その結果、ごま1粒にわずか1%未満しか含まれていないセサミンを抽出することに成功し、飲みやすいソフトカプセルに凝縮したサプリメント「セサミン」第1号を1993年発売するようになりました。

発売された当初のセサミンサプリメントは、ころころと転がる丸型の粒のために扱いにくかったために、改良を重ねて転がりにくい涙型のソフトカプセルとなりました。

また、セサミンと相性がよく、シナジーパワーが期待される成分としてビタミンE、トコトリエノール、そしてオリザプラスといった成分を加えるようになり、現在発売されている「セサミンEX」となっています。

サントリーの研究から誕生したセサミンはその健康パワーが注目されるにつれ、今では多くのセサミンサプリが発売されています。

セサミン成分のサプリメントを比較 >>




銀行融資 ショッピングカート プロミス 車 売る 今すぐ借りる
http://www.ieeebmw.org/ http://www.withoutgarbage.com/ http://www.eeelite.com/ http://www.alanofoundation.com/ http://www.alpha1research.org/